KCJ GROUP TOP > ソーシャルメディアサービス利用規約

ソーシャルメディアサービス利用規約

本規約は、キッザニアを運営するKCJ GROUP株式会社(以下、「KCJ」といいます)が、KCJの運営するソーシャルメディアサービス(以下、「本サービス」といいます)の利用者(以下、「利用者」といいます)に全てに適用されるものです。利用登録手続を行ったか否かは問いません。

    • 第1条(本規約の承認と本サービスの利用)

      本サービスは、本規約に同意しこれを遵守する方だけが利用できます。利用者は、本サービスの利用により本規約に同意しこれを遵守することを確約したものとみなします。

       

      第2条(利用上の遵守事項)

    • 1利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為をしてはならないものとします。
    •  
    • (1)KCJ、他の利用者、または第三者の権利および財産を侵害する行為、ならびに侵害するおそれのある行為。
    • (2)KCJ、他の利用者、または第三者に対して誹謗中傷する行為、および根拠のない情報を掲載する行為。
    • (3)他の利用者、または第三者に関して、電話番号や住所、メールアドレス等の個人情報を掲載する等して、プライバシーを侵害する行為。
    • (4)選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為。
    • (5)特定の宗教または組織、団体等に関する布教活動、勧誘等の行為。
    • (6)本サービスが提供する情報を、その個人的な利用目的の範囲を超えて使用し、または複製する行為。なお、複製した情報を第三者に対して開示しまたは使用する行為は、個人的な利用目的の範囲を超えるものとします。
    • (7)本サービスまたはKCJが提供する情報を、営利目的に使用する行為。
    • (8)本サービスを利用して営利を目的とする行為。(ウェブサイトの紹介および勧誘を含む)
    • (9)有害なコンピュータプログラム、および偽装ファイル等を送信し、または書き込む行為。
    • (10)他の利用者によるKCJの提供するサービスまたはその一部の利用またはアクセスを妨げる行為。
    • (11)利用者が、法律、または、信任関係や契約関係に基づいて送信する権利を有していないコンテンツを、KCJの提供するサービスにアップロードまたはその他の形で送信する行為。(雇用関係の一部として、または、機密保持契約のもとで知り得たまたは開示された、内部情報、専有・機密扱い情報など)
    • (12)コンピューターのソフトウェアやハードウェア、または、通信機器の機能を、妨害、破壊、または制限するように設計された、ソフトウェア・ウィルス、またはその他のコンピューターのコード、ファイル、またはプログラムを含むコンテンツを、KCJの提供するサービスにアップロード、またはその他の形で送信する行為。
    • (13)KCJの提供するサービス用のサーバーに接続されている、サービス、アカウント、コンピューター・システム、またはネットワークに対して、パスワードマイニング、ハッキング、またはその他の手法で不正アクセスを試みる行為。
    • (14)KCJが意図的に利用可能にしている手段とは別の手段により、コンテンツや情報にアクセスを試みる行為。
    • (15)KCJからの書面による事前の同意なしに、KCJの提供するサービスにおける著作権、商標、サービスマーク、商標名、ロゴ、および画像を何らかのかたちで活用する行為。
    • (16)ネットワーク監視または検出ソフトウェアを使用し、サイトアーキテクチャを確定する、または、KCJの提供するサービスの使用状況、個人の識別、利用者についての情報を引き出す行為。
    • (17)ロボット、スパイダー、その他の自動ソフトウェアまたはデバイス、またはマニュアル・プロセスを使用して、KCJの提供するサービスまたはその一部を監視またはコピーする行為。
    • (18)KCJ、他の利用者、または第三者に不利益を与える行為。
    • (19)公序良俗または法令に反し、またはそのおそれのある行為。
    • (20)犯罪的行為に結びつき、またはそのおそれのある行為。
    • (21)本サービスの運営を妨げ、またはKCJの信用を毀損する行為。
    • (22)その他本サービスにおいて不適切であるとKCJが判断する行為。
    •  
    • 2利用者は、本サービスの利用に関連して第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用においてかかる損害を賠償し、または当該第三者との紛争を解決するものとし、KCJに一切迷惑をかけないものとします。
    •  
    • 3KCJは、本サービスの利用に関連して発生した利用者の損害について、かかる損害がKCJの故意または重大な過失に起因する場合を除き、いかなる責任も負わないものとします。
    •  
    • 4KCJは、利用者が本規約に違反してKCJに損害を与えた場合、当該利用者に対し、損害賠償を請求できるものとします。
    •  
       

      第3条(規約違反の場合の措置)

      KCJは、利用者が本規約のいずれかの条項に違反した場合、当該利用者に対して事前に何ら通知することなく、違反の態様・程度等に応じ、利用者がサイト上に掲載した情報および内容等の削除、当該利用者の本サービス利用停止、その他の必要な措置をとることができるものとします。

       
       

      第4条(内容についての免責およびサービス提供に関する責任)

    • 1KCJは、本サービスにおいて利用者により提供される情報について、その正確性、完全性、合法性その他を保証するものではありません。当該情報に起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても、KCJは、一切責任を負いません。
    •  
    • 2KCJは、本サービスにおいてKCJおよび業務委託先、その他利用者以外の者により提供される情報について、その正確性、完全性、合法性その他を保証するものではありません。当該情報に起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても、KCJの故意または重大な過失によるものでない限り、KCJは、一切責任を負いません。
    •  
       

      第5条(著作権の取扱い)

    • 1本サービスの利用に際して、利用者がサイト上に掲載し、またはKCJに対して電子メール等で送信したすべての情報、内容等の著作権は、著作権法27条および28条に定める権利を含め、当該掲載または送信と同時に利用者が無償にてKCJに譲渡したものとみなします。また利用者は、KCJによる当該情報および内容等の利用に関して、著作者人格権を行使しません。
    •  
    • 2利用者は、本サービスを通じて入手したいかなる情報、内容等について、個人的にまたは家庭内の限られた範囲内における私的使用以外の目的で複製、頒布、出版、公衆送信などしてはならないものとします。 また、その他著作権法で認められている範囲を超えて、本サービスにおける情報、内容等を無断で利用してはならないものとします。
    •  
       

      第6条(利用規約の変更)

    • 1 KCJは、利用者の了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用については、最新の本規約が適用されるものとします。
    •  
    • 2変更後の本規約は、KCJが別途定める場合を除き、オフィシャルサイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。
    •  
       
       

      この規約は2012年9月7日に発効します。

      2012年9月7日
      KCJ GROUP株式会社

    •  

    • KCJ GROUP TOP
    • 会社情報
    • スポンサー企業
    • 報道関係者の方へ
    • 採用情報
    • お問い合わせ

    ページの先頭に戻る