こども議会

こども議会は、キッザニアの街をより良くするために活動しています。

20名のこども議員で活動をしています。
各議員の任期は2年間。毎年10月に新しい議員が加わります。

こども議員たちは、新しいアクティビティについて意見を述べたり、キッザニアをもっと楽しくするためのサービスを考えたりと、様々なところで活躍しています。キッザニアグッズを販売している店舗「ナショナルストア」の商品も開発しています。

ニュース

主な活動内容

アクティビティシュミレーション&オフィシャル撮影

新たに登場する仕事や、アクティビティの内容が変更になる場合、こども議会議員がいち早く体験し、「もっとこうしたほうがいい」など、アクティビティをより魅力的にするための意見やアイデアを出します。他の人が体験していないアクティビティを誰よりも早く体験できるだけでなく、「自分達よりも小さいこどもだったらどうだろう」「中学生が体験したらどう感じるだろう」「簡単すぎないかな、もっとこうしたらみんなが楽しめるよ」など、自分のことだけでなく、みんなのことを考えたこども議員の声が反映され、新しいアクティビティが生まれます。また、オフィシャルサイト等で使う写真にモデルとして参加することがあります。

商品開発会議

こども議会では、ナショナルストアで販売する商品の企画・開発を行います。グループで意見を出しあって企画書を作り、それに基づいたデザイン画を確認し、色や形などについて意見を出します。「夢のケーキ職人」や「マシュマロ」、「エコバッグ」もこども議会が作成した企画書をもとに制作、販売されています。また、現在販売中の「Tシャツ」のデザインにもこども議会の意見が反映されていて、人気のアイテムとなっています。

(議員の声)自分が考えた商品が、店頭に並ぶかもと思うと、ワクワクします。(ふわり)

他国のキッザニアとクリスマスカード&プレゼント交換

毎年、キッザニアソウル(韓国)やキッザニアモンテレー(メキシコ)のこども議会議員とクリスマスカードの交換をしています。現地の文化や他の国のキッザニアの様子を知ることが出来ます。

(議員の声)他の国のキッザニア議員と交流できます。送られてくるメッセージカードには英語や韓国語で書かれているので、勉強になります。(アニー)

取材対応&写真撮影

           

雑誌やテレビの取材を受けることがあります。

2016年5月5日(木)、J-WAVE 「GOLDEN WEEK SPECIAL KidZania Tokyo presents LOVE MY FAMILY」にこども議員の代表としてふわりが登場、インタビューを受けました。

(議員の声)新しいパビリオンのユニフォームを着て、撮影に参加しました。とっても緊張しましたが、自分の写真が、雑誌等にのった時はとっても嬉しいです。(ダーウィン・ベルーガ)

こども議会に入って良かったこと

(議員の声)学校では体験できないことがたくさん体験できます。(アニー)

(議員の声)友達がたくさんできました。(ベルーガ)

事務局より

こども議会を通した活動は、家族や学校の先生以外の大人と関わる機会も多く貴重な経験となるため、議員のみんなは毎回の活動を楽しみにしてくれています。