海外仕事体験 in キッザニアソウルのすすめ!

期間:2016年10月8日(土)〜10月10日(月)
その他
facebookに共有 twitterに共有 mixiに共有 LINEに共有 メールで共有

キッザニアソウル体験とソウル観光リポート

海外仕事体験 in キッザニアソウルのすすめ!

キッザニア東京10周年を記念して、未来を担うこども達がグローバルに活躍してほしいという願いを込めて「Kids Working Holiday 〜海外仕事体験 in キッザニアソウル〜」を2016年10月8日(土)〜10月10日(月)に実施しました。参加したのは、希望者の中から作文と面談で選ばれた5人のこども達。初めての海外旅行という3人を含む、男の子2名、女の子3名で行ってきました!韓国のキッザニアソウルでの体験を中心に今回のツアーについてリポートします。

東京から飛行機で約2時間半、韓国ソウルの金浦国際空港に到着。キッザニアソウルは、ソウル郊外の蚕室(チャムシル)にあります。

キッザニアソウルでは、今回は特別に日本語ができるキッザニアソウルのスタッフが、施設内を案内し、体験の仕方などをレクチャーしてくれました。日本のキッザニアではおなじみのジョブスケジュールカードを使った体験の予約はできません。パビリオンの入口付近に表示されている所要時間や定員、キッゾの額を確認し、体験スタート時間を目安に、番号が書かれたベンチに座ります。6人体験できるパビリオンであれば、6番目までに座ると、次の体験スタート時間から参加することができます。基本的に施設内はハングル語で表示されていますが、シティマップや主な表示などには英語が付されていたり、絵や記号でわかりやすく表示されていたりするので便利です。
※キッザニアソウルでは、それぞれのパビリオンで−キッゾ、+キッゾの額が設定されています。必ずしもサービスを受ける時にキッゾを支払うわけではありませんのでご注意を!

今回のメンバーは最初、全員で「Ramen R&D Center」パビリオンを体験しました。日本人5人と韓国の男の子1人の6人で体験スタート。アクティビティはハングル語で進行しましたが、いっしょに体験してくれた韓国の男の子が身ぶり手ぶりで日本のこども達の体験をサポートしてくれました。その男の子を「師匠!」と呼んで早速仲良しに。言葉がわからない中でも心が通う場面でした。

キッザニアソウルは、1日目の第2部と2日目の第1部に滞在して、それぞれ10〜15種類のアクティビティを体験できました。ハングル語がわからない中では、食べものやスポーツなど動作で内容がわかりやすいパビリオンを中心に体験をしました。今回のツアーメンバーおすすめのパビリオンをご紹介します。

シュウ(中2、男子)のおすすめ!
  • 1.Ramen R&D Center

    キムチラーメンも作れます!

  • 2.Ice Cream Shop

    韓国限定「シューティングスター味」がおすすめです。

  • 3.Dental Clinic

    日本との違いも楽しめます。

サヤ(中2、女子)のおすすめ!
  • 1.KZ SFTC

    ロープで降りるのがスリル満点!

  • 2.Donut Shop

    トッピングが楽しいです。

  • 3.Snack R&D Center

    各工程で試食できます。

アレン(小6、男子)のおすすめ!
  • 1.Crew Training Facility

    座席が揺れるのがわくわくします!

  • 2.Golf Club

    1位になると賞金(キッゾ)がもらえます。

  • 3.Ramen R&D Center

    選んだ味のラーメンがもらえます。

アヤメ(小6、女子)のおすすめ!
  • 1.KZ SFTC

    チームプレーでリアルな体験!

  • 2.Snack R&D Center

    味見しながら自分で味を決められます。

  • 3.Crew Training Facility

    緊張感ある飛行訓練ができます。

ルイ(小6、女子)のおすすめ!
  • 1.KZ SFTC

    身体を使い、言葉を超えたつながりを感じられる!

  • 2.Crew Training Facility

    臨場感たっぷりの飛行訓練体験です。

  • 3.Snack R&D Center

    工程ごとに、スナックの変化を見られます。

女の子は全員、意外にも1位に「KZ SFTC」パビリオンを選びました。キッザニア東京・甲子園にはない、軍隊の訓練。身体に感じるリアリティとわくわく感がすごかったそうです。全体的に、リアリティとわくわく感のバランスが絶妙なパビリオンが上位に選ばれました。ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいね!

2日目の夕方からは、キッザニアソウルのスタッフの助けを借りて、キッザニアソウルに来ている韓国のこども達に、「日本の何に興味があるか?」をテーマにしたアンケートを実施しました。日本の食べものや武道、伝統文化や着物など16項目の中から、韓国のこども達に選んでもらうアンケート。92人のこども達の協力を得ることができました。結果は、1位 日本の食事、2位 観光、3位 四季 でした。特に日本の食べものは、すしを中心に和食ブームだそうです。これから韓国に行く人は、ぜひこのあたりの情報で、韓国の人たちとの会話を盛り上げてくださいね!

今回のツアーはキッザニアソウルの体験を中心に計画していますが、短い滞在時間の中でもできるだけ韓国の文化や日常生活にもふれてほしいと思い、観光や食事も現地オリジナルのものを選びました。韓国式の焼き肉やお粥、プルコギや石焼きビビンバなど日本でも有名なものばかりでしたが、それとは少し違う本場の味を感じられたと思います。また、韓国のパワースポットと呼ばれている「景福宮」を観光し、韓服体験と韓国流茶道体験もしました。韓服体験では、それぞれお似合いの柄の韓服を着せてもらい、韓国の時代劇に出てくる俳優さんみたい!と大盛り上がりでした。

その他の最新ニュース

カテゴリを選択してください。

  • 全て
  • シラバス
  • イベント
  • アクティビティ
  • 料金プラン
  • 募集
  • クラブ会員
  • ストア
  • その他