ANAグループ機内誌「翼の王国」広告シリーズ【哲学対話 vol.6】

日時:2017年9月1日(金) 掲載
その他
facebookに共有 twitterに共有 mixiに共有 LINEに共有 メールで共有

どうして人は「競争」するの?

ANAグループ機内誌「翼の王国」広告シリーズ【哲学対話 vol.6】

やっぱり一番になりたい。
一番上に立つとうれしいから。

―みんなは、どんなときに競争する?

ゴンザレス:サッカーとか野球とか運動で。
りんりん:塾の全国統一テストとか。
ラムネ:ゲーム。
テン:学校のテストもそうだよね。

―どういう理由で競争する?

ボブ:スポーツとかは、一番うまくなりたいから競争する。
ゴンザレス:新しい環境で、知らない人と競争したりとか。
ラムネ:自分がナンバーワンになったら尊敬されるから。
ボブ:やっぱり一番になりたい。一番上に立つとうれしいから。
ゴンザレス:会社とか仕事だと、ナンバーワンって売りになるからね。
りんりん:映画も全米ナンバーワンとかあるもんね。何々賞の受賞とか。

―競争して、1位以外の順位だったら意味はない?

りんりん:前の自分をふり返って、そのときより良ければいいよね。
ゴンザレス:去年の自分より、はるかに上にいきたい。
ボブ:負けたら悔しくて、それがきっかけで強くなったりもするから。
テン:ずっと最下位だったりしたら、2位とか3位でもうれしい。
ラムネ:1位じゃなくても、自分の努力の成果が出ればいいと思うな。
ゴンザレス:プロのスポーツは別だけど、運動会とかは勝てなくても楽しめればいいと思う。

―競争って絶対に必要なこと?

ボブ:絶対ってわけじゃないけど、やっぱり必要な気がする。
テン:競争って、努力をして結果を残すためのものだと思う。
ゴンザレス:テストでも結果がダメだったら、その次にどうするかを考える。
ボブ:苦手なところを自主学習したり、予習したりとか。
りんりん:競争しないと、人って努力ってしない。体育とかでも、競争しないでみんなで一緒にゴールしたりすると、どんな速さでも関係ないし、だれも努力しなくなるよね。

勝ち負けにこだわりすぎず、
自分が努力することが大切。

―逆に、競争することで良くないことはある?

ラムネ:友だちとケンカになったりする。
ボブ:「俺のほうができる」とか言って、学校で言い合いになることあるよね。
テン:何でも競争すると大変だし、競争しすぎると自分も相手も大変。
ラムネ:競争で悲しむ人も必ず出る。負けても努力したからいいやって考えることが大事。
ボブ:競争がもとで、戦争とかになるとヤバいよね。争うのはよくないと思う。

―競争できないものや、楽しい競争はない?

ラムネ:じぶんの性格とか?性格は元から変えられないから。
テン:性格で競争すると、もっとけんかになりそうな気がする。
ゴンザレス:楽しいのは鬼ごっこみたいに、遊びでやってるもの。
ボブ:1回負けたとしても2回、3回ってできるし。
ラムネ:遊びだと悲しむ人も出ないし、チームで競ったりするから。

―競争とどんな風に付き合っていけばいい?

テン:自分の限界まで頑張った結果を残せれば、私はそれでいいと思う。
ボブ:競争すると、絶対負けたくないって思うし、1位を取りたくて頑張れるから、競争は必要だと思う。
ゴンザレス:競争って、勝つときも負けるときもあるから、負けたからってケンカするのはよくない。
ラムネ:お互いに悪口とか言わないで、自分も相手も努力するみたいな競争が一番良いな。
りんりん:人と競争しても、勝った人が負けた人にアドバイスできたり、ケンカにならないような競争は良いと思う。適度に楽しむ感じがいいよね。

―人が「競争する意味」について話し合ってくれた5人。それぞれの考えがさらに深まったのではないでしょうか。皆様もぜひ、ご家庭で「哲学対話」を実施してみてください!最後に、こちらのアンケートにもぜひお答えください。

★次回の哲学対話テーマ...「自然と人間」って、どういう関係?

coming soon!

その他の最新ニュース

カテゴリを選択してください。

  • 全て
  • シラバス
  • イベント
  • アクティビティ
  • 料金プラン
  • 募集
  • クラブ会員
  • ストア
  • その他