スタッフインタビュー

キッザニアの先輩の話

同じ職場での出会いを経て結婚。お互いに仕事も子育ても楽しんでいます。

アーヤさん

所属:食品開発センター

職種・役職:スーパーバイザー

こどもとふれあえる職場は、毎日が成長と喜びの連続

短大で幼稚園と小学校の教員免許を取ることを目指していたことから、求人サイトを見て「これは!」と思いアルバイトに応募しました。最初は不安でしたが、働いているうちに自分に余裕が見えてきて、こどもたちの話を良く聞いて返せるようになってきました。そうしたら、こどもたちが予想以上にすごく笑ったり、年齢の違う初対面のこどもたちが一緒に楽しんでいたり、泣いていたこどもが最後には満面の笑顔になったりしたんです。

こういった一瞬一瞬が自分の成長ややりがいを強く感じられる大切な時間になりました。

今では、ファンレターをいただいたり、名前を覚えてもらったり、毎日が喜びと驚きに満ち溢れています。

こどもの体調不良で早退しても誰一人いやな顔はしない。むしろ親身になって心配してくれる。

私も育児休暇を取得してママとして復職した一人ですが、スタッフにこどもがいる先輩ママさん達が多いのもキッザニアの特徴。仕事のことはもちろん育児の相談ではいつも的確なアドバイスをくれるので、私の心の支えになっています。

私のこどもが体調が悪く早退した時には、同僚に迷惑をかけてしまった申しわけなさで一杯でしたが、誰一人いやな顔はしない。むしろ親身になって心配してくれる。こどもたちのことを真剣に考えている人が多いからこそ、ママの気持ちまでわかるのだと思います。

それが「こどもたちのために」というキッザニアのカルチャーだと思っています。

同じ職場だからこそ、夫婦共に仕事と子育ての両立がしやすい

夫とは仕事を通じて知り合い結婚しました。こどもが生まれ、夜泣きをする時期は仕事で笑えるかとても不安だったけど、夫が同じ職場にいるぶん仕事を理解してくれていて「無理しないでいいよ」って言ってくれました。夫も私も、こどもの都合や保育園送迎にあわせてシフトが組めることが多いし、何より職場では大好きなこども達や協力してくれる同僚に囲まれているので、現在も共働きしながら分担しあって子育てをしています。